「カンセン対策レボリューション」ビジュアルポスターリリース!

この度、舞洲プロジェクトが「カンセン対策レボリューション」ポスターをリリースしました!

 

舞洲プロジェクトでは、3チームがコラボレーションしたビジュアル企画を行なっております。今回は6月から制限付きながらスタジアム・アリーナでの観戦が可能になったことに伴い、「感染対策」の徹底と「観戦」を両立しスポーツを楽しむことをPRするポスターを作成しました。

このポスターは、ドラクロワによって描かれた「民衆を導く自由の女神」をモチーフに、大阪エヴェッサ 合田怜選手、オリックス・バファローズ 山岡泰輔選手、セレッソ大阪 大久保嘉人選手の3選手が「観衆を導く舞洲の戦士」となり、皆さんを安全・安心にスタジアムに導くイメージを表現しています。

 

舞洲プロジェクトは、新型コロナウイルスの感染予防対策に取り組みながら、スポーツを「する」「みる」「ささえる」すべての人を応援します。スポーツの力で大阪から日本を元気に!

 

「カンセン対策レボリューション」Twitter大喜利キャンペーンも募集中!!

優秀作品にはプレゼントも…?!

ぜひご期待ください!