【畠山俊樹選手#3】周りを活かすことを覚えた高校時代

大阪エヴェッサ #32 畠山 俊樹選手

 

--プレー面で最も成長したのは何歳の頃でしたか?

畠山 高校3年生の頃だったと思います。それまでの僕は得点を挙げることに執着していました。チームプレーをやっていなかった訳ではありませんが、自分が20点、30点と得点を挙げて勝利する、ということばかり考えていました。しかし高校3年生の時、佐藤久夫先生に「お前はこのままでは、いつか潰れるよ。もっと周りを見なさい」と言われたのが、プレー面で成長するきっかけでした。そこから僕のバスケットボールは変わったと思います。何よりも、プレーに臨む上での、考え方が変わりました。

 

--「周りを活かす」ということを意識したのですか?

畠山 そうです。ゲームの流れが悪いときやチームとして得点が奪えていないときなどは、自分を出さなければいけないと思いますが、それ以外の時は、40分間全部を自分が中心になってプレーを進めていくのか、それとも上手く周りを使いながら、自分を出すのはラスト10分間にするのかなど、状況に応じて考えるようになったことで、考え方やプレーも変わりました。
周りをどうやって活かしていくかという考え方を、時間帯や状況に応じて考えるようになったきっかけは、このときだったと思います。

 

 

--バスケットボールを職業にしようと思ったのは、何歳の時でしたか?

畠山 最初は明確にイメージしていた訳ではありませんでした。それでも明成高校に進学して、佐藤先生という素晴らしい指導者の下でプレーさせていただいて、青山学院大学に進学することができました。でも僕としては「大学でダメだったら就職しよう」と思っていました。大学は優秀な選手ばかり集まっていました。同期でいえば京都ハンナリーズの永吉佑也選手や名古屋ダイヤモンドドルフィンズの張本天傑選手や小林遥太選手です。彼らのようにB1リーグで活躍する優秀な先輩、同期、後輩が揃っている中で、僕はそのレベルについていけるか不安でした。そこで僕を支えてくれたのは「負けず嫌い」だったと思います。とにかく練習をして、ヘッドコーチの信頼を勝ち取るという思いが、僕のスタートでもあり、そこからプロへの道が開けたと思っています。

 

--バスケットボールをやっていく中で、家族の協力は得られましたか?

畠山 最大限に協力してもらったと思います。僕の両親は仙台高校出身なのですが、父は僕を母校に進学させたかったようです。でも僕は明成高校という私立高校を選びました。父は反対でしたが、母が「好きなようにやりなさい」とサポートしてくれました。その後も父は難色を示していましたが、それでも僕のことを影では応援してくれていたようです。でも行動や言葉にする人ではないので、当時の僕には理解できていませんでした。
これも後で知ったのですが、僕が高校3年生の最後の大会(ウインターカップ)で優勝したとき、父は初めて試合会場に来てくれて、勝利の瞬間、号泣していたそうです。それも当時の僕は解っていなかったわけですが。そうした話を後で知るにつけ、応援していてくれたんだなと実感し、感謝しました。

 

 

--プロ選手になると決める過程で、親と話はしましたか?

畠山 母は早い時期から自由にやらせてくれましたが、父は青山学院に進む段階で、初めて僕のことを認めてくれて、上のカテゴリでもプレーできると思ってくれたようです。ですからプロ入りも応援してくれました。聞いた話では、父は宮城県下で有名な選手だったらしく、僕が高校でタイトルを取るまでは、自分を超えていないと思っていたのだと思います。ですから、タイトルを獲得してからは、僕を一人のバスケットボール選手として認めてくれたのだと思います。プロ入りに際しても、積極的に勧めてくれて、「自分の限界までプレーしなさい」と言葉をかけてくれました。

 

--これまで最大の挫折はいつでしたか?

畠山 高校2年生の時、バスケットボールができない時期がありました。その時は頭の中が真っ白で、魂が抜けたようになっていました。選手を諦めて、指導者になるということも考えました。でもその苦しい時期に僕を支えてくれたのは、親や兄弟といった家族でした。それまで好きにやらせてもらっていましたが、家族のありがたみを本当に実感したのもその頃でした。

 

(#4に続く)

畠山 俊樹(はたけやま・しゅんき)

出身地: 宮城県
生年月日 :1991年06月18日
身長: 170cm
体重: 73kg
血液型: A型
出身校 :明成高等学校→青山学院大学

※2009 ウインターカップ優勝 ベスト5受賞
※2010 全日本大学バスケットボール選手権大会優勝
※2011 全日本大学バスケットボール選手権大会優勝
経歴 2013-15 大阪エヴェッサ(bjリーグ)
※2013-14シーズンは2014年1月より、アーリーエントリーで加入
2015-16 西宮ストークス(NBL)
2016-18 新潟アルビレックスBB(B1)
2018- 大阪エヴェッサ(B1)

RECOMMEND 同じカテゴリーの関連記事

PAGE TOP