【太田椋選手#2】「周りに勝とうとするのではなく、自分がやれることをやる」

オリックス・バファローズ #31 太田 椋選手

 

--中学生になって羽曳野ボーイズに入り、色々な選手と接する中で、自分より凄いと思える選手には出会いましたか?

太田 それはいっぱいいました。

 

--一番最初に目標とした選手は誰でしたか?

太田 小学生のときでしたが、後に大阪桐蔭でキャプテンをやっていた中川(卓也・早稲田大)は凄かったですね。小学生のときに対戦しましたが、とにかく凄いと思いました。

 

--具体的には何が凄かったですか?

太田 ピッチャーとしては球が速かったですし、バッターとしても、打球が違っていました。

 

--自信を失いましたか?

太田 そうかもしれません(笑)。とにかく上には上がいるということを強く思わされた瞬間でした。

 

--小学生のとき、チームの中ではそうした思いを持ったことはなかったですか?

太田 自分のチームの中では、そうでしたね。

 

--中川選手を筆頭に凄いと思う選手に出会う中で、彼らに勝つためにどういう努力をしましたか?

太田 (暫く考え込んで)周りに勝とうという思いはあまりなかったと思います。

 

--そうなんですか?

太田 自分がやれることをやるだけという感じだったと思います。

 

--プロ野球を志したのは何歳のときでしたか?

太田 夢としては小学生のときからずっと思っていましたが、明確に目標として意識するようになったのは高校生になってからです。

 

--中学時に所属していた羽曳野ボーイズではダルビッシュ有選手(シカゴカブス)を筆頭に、さまざまな選手を輩出していますが、そうした選手を見てきた指導者の方から「お前はプロにいけるよ」という言葉をかけられたことはありましたか?

太田 あります。

 

--そうした言葉は自信になりましたか?

太田 いや。自信になるというよりは、俺なんかが本当にプロにいけるのかという思いのほうが強かったので、「そんなことないですよ」って答える感じでした。

 

--自信はなかったのですか?

太田 自分に自信はありませんでした。自分に自信を持ったことはないですね。プロにいけるかもというの思いでしたら、高校時代に持てるようになりましたが、自分のプレーに自信を持ったことはないですね。

 

--それは高校何年生の頃でしたか?

太田 高校3年生になってからです。

 

--それまでは年代別の日本代表に選出されていても、自信は持てなかったのですか?

太田 自信はなかったですね。

 

--先に名前の挙がった中川選手のような人間がプロに行くんだろうなと思っていたんですか?

太田 そうでした。日本代表でもスタメンでは出ていましたが、主力ではありませんでしたし、それほどの自信はありませんでした。

 

--プロ野球という夢は子ども時代からあった太田選手が、野球を続ける中で心がけていたことはありますか?

太田 野球が楽しかったというのが、僕にとっては一番良かったのだと思います。

 

 

--練習が辛いと思ったことはありましたか?

太田 それは何度もありました。しんどくて辛いという感覚ですね。でも小さな頃からプロ野球選手になりたいと思っていたので、辛いと感じても、結局はそこに戻ってくるというか、その目標があるからがんばってこれたのだと思います。

 

--辛いときを乗り越えるために心がけていたことはありますか?

太田 目標が明確にありましたから、ここで終わってしまうとそこには届かないという思いがあって、目標に対してはブレずにやってこれたと思います。

 

--子どもの頃、野球の練習をしないで友だちと遊びたいと思ったことは?

太田 あります。やっぱり雨が降って、練習が中止になったりすると、嬉しかったですけどね(笑)。

 

#3に続く

太田 椋(おおた・りょう)

出身地:大阪府
生年月日:2001年2月14日
身長:181cm
体重:78kg

経歴:高鷲南小-羽曳野ボーイズ(高鷲南中)-天理高(甲)-オリックス19年

ドラフト:2018年1位・オリックス

RECOMMEND 同じカテゴリーの関連記事

PAGE TOP