舞洲プロジェクトとは?

「舞洲プロジェクト」は、大阪市と大阪港の人口島(舞洲)を拠点に活動するプロスポーツチーム 大阪エヴェッサ、オリックス・バファローズ、セレッソ大阪が中心となり、民間企業と連携し、スポーツの振興及びスポーツ産業の発展、および舞洲の活性化・都市魅力の向上を目指します。

VISION

  • 事業推進のため、統一ブランドにもとづく基盤を整備します。

  • 子どもから大人まで楽しめるイベントやサービスプログラムを提供します。

  • 人材育成を支援します。

  • スポーツ産業を活性化させます。

  • スポーツ施策だけでなく、舞洲エリア全体の活性化に繋げます。

人材育成事業

ーおこし(スポーツ人材育成プラットフォーム)ー

2020年10月より「おこし(=スポーツ人材育成プラットフォーム)」を設立し、舞洲プロジェクトに参画するプロ3チームや各種事業の協力を得ながら、さまざまなプロジェクトに取り組んでいます。

舞洲だからこそできる実務体験を通じてスポーツ経営人材を育成し、スポーツビジネスやマーケティングを体験した学生が社会で活躍できるように、今後、活動の充実&拡大を行い、舞洲プロジェクト及び"おこし"を支援していただけるスポンサーの協力を得て、さらにプラットフォームを強化してまいります。
スポーツ界内外に、成長した人間力溢れる若き人材を輩出していきます。

舞洲プロジェクト公式SNS